2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« ドキュメント”逆転勝訴”、金銭支払い応じた「和解」の舞台裏② | トップページ | 【特報】リジョンショー裁判、前ディレクターら全面的に争う構え! »

2017年11月29日 (水)

続・前セクレタリー+77人「プロテスト」裁判、被告側の主張(11)

「Co-signers(共同申立人)」の名簿を巡っては、今もって辻褄の合わないことだらけです。

なぜなら、前アジアディレクターがオーナーのクラブにおける「出陳拒否」裁判に、被告側証人として出廷し、証人尋問(昨年12月12日)に応じた前セクレタリー(現アジアディレククター)は、以下のようのに証言していたからです。

原告側弁護士:「89人の人と一緒にプロテストしたんじゃないですか」

前セクレタリー:「たしかにそれはアンケートというか出しましたね

原告側弁護士:「委任状か何かもらってプロテストされたんですか」

前セクレタリー:「いや、そうじゃないです。アンケートの結果を出しただけです

しかし、前セクレタリーが申し立てた「プロテスト」に、「アンケートの結果」は入っていませんでした。

あったのは、アンケートの対象であったと思われる89人の「共同申立人」名簿(※89人の自著はありません)だけでした。

前セクレタリーは、自身が訴えられた裁判において、「(プロテストの)審議は申し立て人数によって左右されるものではなく、その申し立て内容そのものが重視される」と主張したわけですが、そうであるなら「アンケート」など実施する必要もなかったのではないでしょうか。

少なくとも、日本の司法の場では、前セクレタリーの証言や主張は食い違いが多く、全く信用できないと言わざるを得ません。

前セクレタリーは真実に基づいて証言し主張しているのか、それとも自らの保身のために”偽証”し、事実を捻じ曲げて主張しているのか--。

私なんかより、77人の「共同申立人」のみなさんの方が良く判っているのではないでしょうか。

そして、裁判でのそうした証言や主張がTICAのボードメンバーとして、TICAアジアのディレクターとして、TICAの名に恥じない言動であると言えるのかどうか--。

それもまた、ここに至るまでの具体的な経緯を良く知る77人の「共同申立人」のみなさんの方が一番よくお判りではないかと思います。

« ドキュメント”逆転勝訴”、金銭支払い応じた「和解」の舞台裏② | トップページ | 【特報】リジョンショー裁判、前ディレクターら全面的に争う構え! »

トラックバック

« ドキュメント”逆転勝訴”、金銭支払い応じた「和解」の舞台裏② | トップページ | 【特報】リジョンショー裁判、前ディレクターら全面的に争う構え! »