2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« TICA会長選挙:各候補の主張-TICA NEWS LETTERから⑤ | トップページ | 【重要】TICA会長・副会長選挙・ルール改正投票始まる!! »

2017年10月31日 (火)

「出陳拒否」裁判、控訴審で「和解」なるか?④

前回の「和解協議」がまとまらなかった最大の要因は、被告側が金銭の支払いについて”ゼロ回答”だったところにあります。

仮に、原告側が和解金として100万円を求め、前アジアディレクターら被告側が10万円なら応じるとでも提案していたなら、いくらでも交渉の余地はありました。

あるいは、金銭の支払いには応じられないものの、それに代わる代替案を示して来れば、それも交渉を前進させるプラス要因になったはずです。

しかし、前アジアディレクターら被告側4人は、「深謝する」との謝罪を提案したものの、金銭の支払いについて”ゼロ回答”、さらに金銭の支払いに代わる追加提案もしてきませんでした。

交渉は、お互いが提案し合い、妥協し合ってまとめていくものですが、前アジアディレクターら被告側にはそうした姿勢が一切、見られませんでした。

前回は、前アジアディレクターが全く聞く耳を持たなかったようで、アクトクラブ員によると、被告側代理人弁護士もなかば”さじを投げた”ような状態だったそうです。

今回も、前アジアディレクターら被告側が同じ姿勢であれば、まとまる話もまとまらないことでしょう。

« TICA会長選挙:各候補の主張-TICA NEWS LETTERから⑤ | トップページ | 【重要】TICA会長・副会長選挙・ルール改正投票始まる!! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「出陳拒否」裁判、控訴審で「和解」なるか?④:

« TICA会長選挙:各候補の主張-TICA NEWS LETTERから⑤ | トップページ | 【重要】TICA会長・副会長選挙・ルール改正投票始まる!! »

無料ブログはココログ