2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« 趣味でも疎かにすべきでない社会人の基本動作とマナー(4) | トップページ | 趣味でも疎かにすべきでない社会人の基本動作とマナー(5) »

2017年9月28日 (木)

「出陳拒否」裁判Part2、被告側の主張(4)

被告側は裁判所に提出した「答弁書」で、前セクレタリー(現アジアディレクター)が主宰するクラブの「メンバーは皆激怒しました」と書きました。

しかし、本当にクラブ員全員が「皆激怒」したのでしょうか?

前セクレタリーは「皆」と答弁したわけですから、このクラブのメンバーひとり残らず、「激怒」したことになり、そうでないなら前セクレタリーは「答弁書」で“嘘”を付いたことになります。

2014年3月時点で、このクラブのメンバーが何人いたのか分かりませんが、前セクレタリーの「答弁書」が正しいのであれば、このクラブのクラブ員は全員、正しい日本語の読み方ができず、こんな短いブログでさえ、正しく理解できなかったということになります。

ですが、常識的に考えて、クラブ員全員が、前セクレタリーと同じように、正しい日本語の読み方ができず、正しく理解できなかったなんてなことがあり得るでしょうか…。

絶対、あり得ないとは言い切れませんが、いくら趣味の世界の集まりとは言え、そんなことはないでしょう。

私の見立てはこうです。

このブログで何度も取り上げていますが、前セクレタリーは「答弁書」においても、いじめや嫌がらせの”常套手段”を使ったということでなのはないでしょうか。

それは、「みんながあなたを嫌っている」とか、「全員があなたが悪いと思っている」といった悪質な”印象操作”です。

もし、私の見立てが邪推に過ぎないと主張するのであれば、被告側は全クラブ員が「皆激怒」したことを証明する「証言書」や「陳述書」を提出すべきでしょう。

全クラブ員を対象に、このブログを読んで激怒したかどうかを調べたなら、その調査結果を提出するのでも構いません。

もうひとつ私が思うのは、前アジアディレクターの時もそうでしたが、なぜ安易に周囲を巻き込もうとするのか?ということです。

このクラブに常識と良識を合わせ併せ持ち、ブログを正しく読み、理解し、解釈できるメンバーが居たとしたなら、前セクレタリーはそのクラブ員も「激怒しました」と、勝手に裁判所で答弁したことを意味します。

私がクラブ員で、そんなことされたら、それこそ「激怒」しますが、オウム真理教さながらの組織風土と心理構造があるなら、”教祖”に唯々諾々と従うだけかもしれません。

繰り返しますが、安易に周囲を巻き込んだのでないと言うなら、クラブ員全員が「皆激怒」したことを法廷で立証すべきです。

もし、それが出来ないのであれば、私としては、アクトや私を貶めることを企図した悪質な“印象操作”を施した答弁をしたと判断せざるを得ません。

そして、それは、TICAの現職のディレクターが裁判所で、虚偽の答弁をしたことになり、裁判所の答弁を通じて、アクトや私に対する嫌がらせをしたことをも意味するのです。

« 趣味でも疎かにすべきでない社会人の基本動作とマナー(4) | トップページ | 趣味でも疎かにすべきでない社会人の基本動作とマナー(5) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「出陳拒否」裁判Part2、被告側の主張(4):

« 趣味でも疎かにすべきでない社会人の基本動作とマナー(4) | トップページ | 趣味でも疎かにすべきでない社会人の基本動作とマナー(5) »

無料ブログはココログ