2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

« 「出陳拒否」裁判、原告側が控訴へ(3) | トップページ | 【TICA】「Cat count」の”水増し”問題を考える① »

2017年8月21日 (月)

「出陳拒否」裁判Part2、第3回期日

前セクレタリー(現アジアディレクター)が主宰するクラブにおける2回(2014年4月と11月)の「出陳拒否」に対する裁判の第3回期日が21日(月)16:00から、東京地裁615号法廷で開かれます。

被告側は当時クラブ代表であった前セクレタリーとエントリークラークの2人で、全面的に争う姿勢を示しています。

2014年4月のショーを巡っては、原告側がTICAにプロテストを申し立て、「No Action」となったわけですが、明日の期日では被告側がTICAに送った”反論書”を提出する見通しです。

この裁判も、前アジアディレクターがオーナーのクラブにおける「出陳拒否」同様、正当な理由と根拠があったのかどうか、TICAの裁定が正しかったのかどうかが争われることになります。

« 「出陳拒否」裁判、原告側が控訴へ(3) | トップページ | 【TICA】「Cat count」の”水増し”問題を考える① »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「出陳拒否」裁判Part2、第3回期日:

« 「出陳拒否」裁判、原告側が控訴へ(3) | トップページ | 【TICA】「Cat count」の”水増し”問題を考える① »