2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

« 「出陳拒否」裁判、原告側が控訴へ(1) | トップページ | 「出陳拒否」裁判、原告側が控訴へ(3) »

2017年8月18日 (金)

「出陳拒否」裁判、原告側が控訴へ(2)

原告側によれば、今回の控訴は賠償金目当てというわけではありません。

つい最近も、米女性歌手のテイラー・スウィフトさんが賠償金1ドルで”勝訴”したとのニュースがありましたが、これに似ています。

このケースは、元ラジオDJの男性が「テイラーのせいで仕事を失った」(テイラーさんが記念撮影の際にお尻を触られたとラジオ局に報告し、ラジオ局がこの男性を解雇)と主張して訴えを起こしました。

これに対し、テイラーさんは”痴漢”被害に遭ったのだとして、1ドルの賠償金を求めて反訴したものです。

陪審員は男性側の訴えを棄却するとともに、テイラーサンの反訴の主張を認め、1ドルの賠償を男性側に命じたというわけです。

なぜ、賠償金が1ドルであったかというと、賠償金目的ではく、 ”痴漢”被害に遭った事実と相手側に非を認めさせる事が目的だからです。

日本でも、こうしたケースはあり、1円の損害賠償を求める”1円訴訟”と言われています。

「出陳拒否」裁判の究極の目的もその点にあったわけですが、判決理由はほぼ全て原告側の主張が通り、「出陳拒否」の”違法性”が指摘されたにもかかわらず、一審判決は「1ドル(約110円)」どころか、「1円」も認められなかったため、控訴することにしたとのことです。

« 「出陳拒否」裁判、原告側が控訴へ(1) | トップページ | 「出陳拒否」裁判、原告側が控訴へ(3) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「出陳拒否」裁判、原告側が控訴へ(2):

« 「出陳拒否」裁判、原告側が控訴へ(1) | トップページ | 「出陳拒否」裁判、原告側が控訴へ(3) »