2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

« 実録「出陳拒否」裁判、被告側証人尋問(36) | トップページ | 【TICA Asia】ショースケジュールの入れ方を考える(1) »

2017年5月19日 (金)

【TICAショー】米国で新しいShow Formatの試み

米国のディレクターから新しいTICAのショーのあり方(format)が提案され、「2017 Spring Board Meeting Agenda(議案)」にも載っていますので、ご紹介します。

TICA一般に開かれた団体であり、TICAのショーも一般に広く門戸を開いてきたわけですが、TICAメンバーが猫の遺伝学や猫の病気や健康に関する知識を学ぶことに焦点を当て、TICAメンバーだけが参加できる「new show format」を導入したいとしています。

その試験的な(pilot version)のショーを6月17~18日に、米国メリーランド州で開きます。

ショーフライヤーによると、「This show is closed to the public」であり、「It is an educational event」で、「Only advance registered attendees may participate」となっています。

17日(土)は午前中に4リング(全AB)あり、午後1~5時は「Education Session 1」で、以下のテーマの勉強会が予定されています。

・Observation & Evaluation of Structural Health in Cats
・Pigment & Pattern Inheritance in Domestic & Wild Cats
・Insights from Cat & Dog Genetics for Human Health
・Managing Anxiety and Stress in Multi-cat households
・Advocating for Cat Ownership - How to fix harmful laws

18日(日)は午前8時15分~9時に「Clerking School」、その後、午前中に4リング(全SP)のショーがあり、さらにショー終了後、「TICA Strategic Directions Town Hall」(TICAの戦略的方向性について話し合う対話集会)が開催される予定です。

※本日も2本をアップする予定にしています。”夕刊”の配信は18:00の予定です。

« 実録「出陳拒否」裁判、被告側証人尋問(36) | トップページ | 【TICA Asia】ショースケジュールの入れ方を考える(1) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【TICAショー】米国で新しいShow Formatの試み:

« 実録「出陳拒否」裁判、被告側証人尋問(36) | トップページ | 【TICA Asia】ショースケジュールの入れ方を考える(1) »