2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

« 実録「出陳拒否」裁判、被告側証人尋問(31) | トップページ | 【TICAルール改正案】2017 Spring Board Meeting 議案から(6) »

2017年5月14日 (日)

実録「出陳拒否」裁判、被告側証人尋問(32)

◆前セクレタリー(現アジアディレクター)のクラブにおける「出陳拒否」について

原告側弁護士:「屋和田さんは、ショールールその他、TICAのルールにその後、その後と
          いうか、4月29日以降、何か違反したことがあるんですか」

前セクレタリー:「ないです

ここで裁判官、自らが尋問する。

裁   判    官:「ショールールに違反しているということで、出陳拒否をされたんですね」

前セクレタリー:「はい

裁   判   官:「ちょっとよく分からないのが、25年4月29日のショーの開催の仕方が悪
          かったから出陳拒否なのか
(注1)、ディレクターの要請に従わなかったか
          ら出陳拒否なのか
(注2)、メーリングリストがいわゆる炎上と呼ばれる大
          騒ぎになってしまった、そういう言ってみれば騒ぎを起こす火種を作ってし
          まったから出陳拒否なのか
(注3)、そのあたりがよく分からんのですけど
          も、どこでどう考えたらよろしいですか」

前セクレタリー:「
おっしゃるとおりです。よろしいでしょうか。出陳拒否の最大の理由は、
          屋和田珠里さんというのは○○○○さん(アクトクラブ員)が役員もやっ
          てるし、4月29日のショーの先ほど言ったように、いわゆる総責任者でし
          た。で、そのお二人がやってる(注4)アクト・キャット・クラブのブログ、そ
          れが問題なんです


注1)注2)注3)TICAのルール上、裁判官が挙げたこれらの理由で「出陳拒否」することはできません。

注4)前セクレタリーは「そのお二人がやってる」と証言しましたが、事実ではありません。アクトのサイト、ブログは私がやっているのであって、アクトクラブ員のアドバイスや指摘、提案等は受けても、それはその他の方々からの様々な要望や意見、指摘を受けるのと全く同様です。

そして、それはとりもなおさず、4月29日のショーとは全く関係なかったことを意味することになります。

« 実録「出陳拒否」裁判、被告側証人尋問(31) | トップページ | 【TICAルール改正案】2017 Spring Board Meeting 議案から(6) »

出陳拒否裁判 証人尋問​リポート」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実録「出陳拒否」裁判、被告側証人尋問(32):

« 実録「出陳拒否」裁判、被告側証人尋問(31) | トップページ | 【TICAルール改正案】2017 Spring Board Meeting 議案から(6) »