2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

« 「我見を離るべし」の教えどおりに…(4) | トップページ | 【お知らせ】TICAメンバーの更新について »

2017年4月 5日 (水)

実録「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問(26)

◆前アジアディレクターがオーナーのクラブの出陳数について

裁  判  官:「被告ご本人のクラブでの出陳数、キャットショーでの出陳数、これは毎回、
          同じぐらいなんですか。それとも幅があるんですか」

前アジアディレクター:「
違います

裁  判  官:「少ないときでどのくらいですか」

前アジアディレクター:「○○○(前アジアディレクターがオーナーのクラブ)はたくさんのメ
          ンバーを持ってますんで、例えば今週末は全部で90頭出てます


裁  判  官:「今週末は90頭ですか」(注1)

前アジアディレクター:「
はい、90頭

裁  判  官:「それが少ないときで」

前アジアディレクター:「
多い方です

裁  判  官:「多い方で…。少ないときだと」

前アジアディレクター:「
少ない方だとACCが20何匹ってこともあります

裁  判  官:「ACCのお話しはいいんだけど、○○○(前アジアディレクターがオーナー
          のクラブ)だと」

前アジアディレクター:「
○○○はどんなに少なくても60を切ることはないです(注2)

注1)尋問は昨年12月12日(月)でしたので、ここで言う「今週末」のショーとは昨年12月17~18日の静岡のショーを指しています。

注2)前アジアディレクターは、「どんなに少なくても60を切ることはない」と証言しましたが、その後に行われた今年1月28日のこのクラブのショーは58~59頭と、60頭を切っていました。

このクラブの今年3月5日の静岡のショーの全クラスを通じたカウントも、ジャッジによっては54頭と、やはり60頭を切るリングがありました。

つい先日の上田市でのショー(2017年4月1~2日)も、全クラスを通じたカウントが60頭を切るリングがあったようでしたから、今後は「60」とは言わず、「どんなに少なくとも50を切ることはないです」と話すようにした方がいいかもしれません。

« 「我見を離るべし」の教えどおりに…(4) | トップページ | 【お知らせ】TICAメンバーの更新について »

出陳拒否裁判 証人尋問​リポート」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実録「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問(26):

« 「我見を離るべし」の教えどおりに…(4) | トップページ | 【お知らせ】TICAメンバーの更新について »