2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

« 「巧言」と「讒言」に踊らされる限り…(2) | トップページ | 「巧言」と「讒言」に踊らされる限り…(3) »

2017年4月12日 (水)

実録「出陳拒否」裁判、被告側証人尋問(2)

◆前アジアディレクターがオーナーのクラブにおける出陳拒否について

原告側弁護士:「だから、あなたはそれを推測しているという趣旨ですか。誰か○○○(前
          アジアディレクターがオーナーのクラブ)の方から理由を聞いたんですかと
          いう質問です」

前セクレタリー:「もうその前から問題が発生していましたから、ショーの出陳拒否をする
          かどうかということに関しては、□□さん(前アジアディレクター)とか、当
          時のディレクターの△△さんとかと話はしてます。ただ、それに対して出
          陳拒否ができるよということは自分自身でちゃんと決めました


原告側弁護士:「今、聞いているのは、○○○がなぜ出陳拒否したかということなんですけ
          ども、それはあなたは4月29日のショーが遠因だと書いてあって
(注1)
          今、23.6.5だと思うとおっしゃってるんですけども、それは○○○の方から
          聞いたんですか」

前セクレタリー:「・・・

原告側弁護士:「聞いたか、聞かないかで答えて」

前セクレタリー:「
聞きましたよ

原告側弁護士:「それは2月、4月、6月、いずれのショーもですか」

前セクレタリー:「2月ショーの前ですね

原告側弁護士:「4月29日、4月29日ショーと言いますけれども、それ以前にショーに問題が
          あるとは考えていなかったと、さっき」
(注2)

前セクレタリー:「
いました」(※証言調書の原文ママ)

原告側弁護士:「さっきおっしゃったと思うんですけども、それは違いますか」

前セクレタリー:「もう20年間やってますので、キャットショーの形態がおかしいなと思うこ
          とはあるんです。これはもう20年やってれば。ショーが、このショーは何
          かおかしいなと。それは平成25年4月29日のアクト・キャット・クラブの
          ショーに何か違和感を感じたことは確かです


原告側弁護士:「国内で4月29日ショーが問題だと言う声は出なかったと先ほどおっしゃい
          ましたけれども、それはそうなんですか」

前セクレタリー:「
はい

原告側弁護士:「あなたは違和感を持っていたということですか」

前セクレタリー:「
はい

注1)前セクレタリーは「乙第16号証」として東京地裁に提出した「陳述書」で、○○○(前アジアディレクターがオーナーのクラブ)の出陳拒否に関し、「そもそもの事の発端は、平成25年4月29日にアクト・キャット・クラブが開催したキャットショーに遡ります」と書きました。

注2)被告側弁護士と前セクレタリーの間の証人尋問のやり取りで、以下のような質問と証言がありました。


被告側弁護士:「日本の国内で4月29日のショーがおかしいですとか、そういった話は出な
          かったんですか」

前セクレタリー:「出ませんでした

« 「巧言」と「讒言」に踊らされる限り…(2) | トップページ | 「巧言」と「讒言」に踊らされる限り…(3) »

出陳拒否裁判 証人尋問​リポート」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実録「出陳拒否」裁判、被告側証人尋問(2):

« 「巧言」と「讒言」に踊らされる限り…(2) | トップページ | 「巧言」と「讒言」に踊らされる限り…(3) »