2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

« 猫界も”戦略的忍耐”の時代は終わった? | トップページ | 長年にわたり放置して来た”ツケ” »

2017年4月20日 (木)

実録「出陳拒否」裁判、被告側証人尋問(10)

◆続・4月29日アクトショーに対する米国BGオーナーらからの「プロテスト」について

引き続き、Show Rule 22.4.1についての尋問が続く。

原告側弁護士:「このルールに抵触するとして、ポイントを獲得させられないという措置を
          取られたショーがほかに何かあることを知っていますか」

前セクレタリー:「
知りません

原告側弁護士:「そうすると、4月29日のショーでタイトルポイントを与えると決めたのは
          TICAではないですか」

前セクレタリー:「
そのとおりです(注1)

原告側弁護士が「タイトルポイントをTICAが与えると決めたのに、このショーの開催につい
          てアクト・キャット・クラブに何か責任があるんですか」

前セクレタリー:「
私たちは当初、ないと思ってました

原告側弁護士:「ないと思ったんですね」

前セクレタリー:「
はい(注2)

注1)当時のアジアディレクターがボードにおいて、どのような発言をしたか分かりませんが、少なくともアクトの方からアジアディレクターやボードメンバーに対し、「ポイントを無効にしないで欲しい」と要請したり、懇願したりした事実は一切ありません。

もし、アクトが働きかけて、その結果、TICAのボードが22.4.1の規定に反して、参加した猫のポイントを認めた(=無効にしなかった)のであれば、アクトにも責任はあるかと思いますが、全ての判断はアクト抜きで行われたものでした。

注2)そもそも、もし、問題がある、あるいは問題がありそう(=問題が起きそう)だと思ったのであれば、当時のアジアディレクターがショーの開催を認めなければ良かっただけの話でした。

なぜなら、TICAのルールでは、オルタネイティブフォーマットでショーを開催する場合、リジョナルディレクターの事前承諾がなければならないからです。

アクトも当然のことながら、当時のアジアディレクターにオルタネイティブフォーマットでショーを開催する旨を伝え、承諾を得たからこそ、TICA本部にショーライセンスの申請をしたのでした。

« 猫界も”戦略的忍耐”の時代は終わった? | トップページ | 長年にわたり放置して来た”ツケ” »

出陳拒否裁判 証人尋問​リポート」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実録「出陳拒否」裁判、被告側証人尋問(10):

« 猫界も”戦略的忍耐”の時代は終わった? | トップページ | 長年にわたり放置して来た”ツケ” »