2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

« 実録「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問(9) | トップページ | 実録「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問(10) »

2017年3月10日 (金)

Online Toybob セミナー(5)

プレゼン資料によると、HEADに続いて大きな配点を占めるのはBODYで、35点となっています。

この中で一番大きな割合を占めるのは「Torso」の10点です。

しかも、その記述もまた、かなり具体的です。

「Smaller than medium, compact and short, square form. Rib cage is broad.The back is almost straight. Sexual dimorphism is not very pronounced」--。

後半に出てくる「Sexual dimorphism is not very pronounced」は難しそうな表現ですが、「Sexual dimorphism」は「性的二形」あるいは「性的二型」と訳します。

要はFemaleとMaleの性差による形態的な違いを意味します。

「pronounced」は「目立った、顕著な」という意味ですから、「Toybob」に関して言えば、FemaleとMaleの性差による違いは形態上、あまり目立たないということになります。

体重差はあっても、成猫のFemaleで2kgに満たない一方、成猫のMaleはだいたい2.27 kgですから、その差は270gということになります。

ちょっと大きめのFemaleと、ちょっと小さめのMaleでは外観上の区別は付かないかもしれません。


Toybobbody

ちなみに、「Sexual dimorphism」という記述は現状、Kaomanee (KM)の「Standard」にだけ見られるもので、そこには以下のように書いてあります。

「the natural sexual dimorphism. (Males should typically be 8 to 11 pounds and may have slightly heavier boning than females. Females should typically be 6 to 8 pounds)」--。

KMについても、体重差についての説明で使われていることが分かります。

※本日も2本をアップする予定にしています。”夕刊”の配信は18:00の予定です。

« 実録「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問(9) | トップページ | 実録「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問(10) »

Online Toybob セミナー」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Online Toybob セミナー(5):

« 実録「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問(9) | トップページ | 実録「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問(10) »