2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

« 実録「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問(5) | トップページ | 実録「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問(6) »

2017年3月 6日 (月)

Online Toybob セミナー(1)

来シーズン(2017年5月)から、RO(Registration Only)への昇格が決まった「Toybob」についてご紹介したいと思います。

とは言っても、私は「Toybob」のブリーダーでも専門家でもありませんから、「Toybob」そのものについて詳しく解説できるわけではありません。

このブログでは、「Toybob」のプレゼン資料やそこに載っている「Standard(案)」を辿りながら、他の猫種の「Standard」との違いがどこにあるのかという観点から考えたいと思います。

まず、基本知識ですが、「Toybob」はロシアのウラル地方原産の猫とのことです。

名前にある通り、「Bobtail」で「Pointed」。さらに世界一小さいとも言われる体型が特徴です。

重さは、成猫のFemaleで2kgに満たない(adult female is less than 4.5 pounds)となっています。(※1 pound=0.45359237 kg)

成猫のMaleはだいたい2.27 kg(Full grown Toybobs weigh around 5 lbs. with males slightly heavier than females)ということです。

Toybob1b_2

小型の純血種というと、日本でもシンガプーラ(SG)がおなじみですが、SGのTorsoが「Medium to small」なのに対し、「Toybob」のTorsoは「Smaller than medium」ですから、SGでは「Medium」が許容されても、「Toybob」は「Medium」ではだめということになるでしょう。

ちなみに生まれた時の体重は35~55gで、その後、急速に成長し、だいたい1歳半で成猫として成熟するそうです。

Toybob1c

※本日も2本をアップする予定にしています。”夕刊”の配信は18:00の予定です。

« 実録「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問(5) | トップページ | 実録「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問(6) »

Online Toybob セミナー」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Online Toybob セミナー(1):

« 実録「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問(5) | トップページ | 実録「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問(6) »