2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

« Online Toybob セミナー(7) | トップページ | Online Toybob セミナー(8) »

2017年3月14日 (火)

実録「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問(13)

◆続・2013年4月29日のアクトショーについて

原告側弁護士:「先ほど、22.4.1の”30日ルール”というのは、先生のクラブでも遵守されな
          いときがあったというふうにおっしゃいましたか」


前アジアディレクター:「受理されないんじゃなくて(注1)、それ出して認めてもらいました。
          点数は


原告側弁護士:「ただ、30日を切ってから申請されたことはあるわけですね」

前アジアディレクター:「あります

原告側弁護士:「ポイントは無事に付与されたと、そういうことですね」

前アジアディレクター:「はい

原告側代理人:「これまでの証人の中で、厳密にこのルールが適用されていなかったとい
          うお話がいろいろ出てきていると思うんですけど、それは事実ですか」


前アジアディレクター:「事実だと思います」(注2

(次回に続く)

注1)原告側弁護士は「遵守されない」と聞きましたが、どうも前アジアディレクターは「遵守」を「受理」と聞き間違えたようで、尋問と証言が噛み合っていません。

注2)当時のTICA会長が公表したリストによると、2012年11月~2013年4月までの半年間だけで、ショー初日30日前までにショーライセンスが発行されていなかったショーは全世界で34も
あり、アジアリジョでは4つありました。

そして、この34の全てのショーにおいて、参加した猫のポイントは認められました。さらにアジアリジョン内では、ショーライセンスが発行されていないにもかかわらず開催されたショーもありましたが、やはり参加した猫のポイントは認められていました。

米TICA本部のShow Reportによると、同期間に世界では141のショーが開かれていましたから、その24.1%(ほぼ4つのショーの1つ)
で、22.4.1を守らず、ショー初日30日前までにショーライセンスが発行されていなかったにもかかわらず、参加した猫にポイントが与えられていたことになります。

このような状況下で、なぜアクトだけがことさら問題視されるのか疑問ですし、どうしてアクトに対してだけ、「今回は30日ルールに違反しているのは紛れもない事実」で、「何らかのペナルティーがあっても良いと思います」と言う日本のジャッジがいるのか、全く理解に苦しみます。

« Online Toybob セミナー(7) | トップページ | Online Toybob セミナー(8) »

出陳拒否裁判 証人尋問​リポート」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実録「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問(13):

« Online Toybob セミナー(7) | トップページ | Online Toybob セミナー(8) »