2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

« Online Toybob セミナー(6) | トップページ | Online Toybob セミナー(7) »

2017年3月13日 (月)

実録「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問(12)

◆続・2013年4月29日のアクトショーについて

原告側弁護士:「”30日ルール”(
注1)を一緒に述べておられる陳述書(注2)があるんです
          けれども、30日を過ぎてから4月半ばになって開催告知したというふうにお
          書きになっているんですけれども、30日前までにショーを申請することと、 
          ショーをやりますという告知をすることというのは関係がありますか」

前アジアディレクター:「
告知をすることが30日前には必要なんじゃないかと思いますけ
          ど
」(注3

原告側代理人:「それは先生のご見解ということですかね」

前アジアディレクター:「
私のクラブも30日切ったことがあります。それはジャッジさんが来
          るか来ないか分からなくて告知ができなかったんですけれども、それは
          ショーシーズン半ばのことでしたから、余り問題がなかったわけです。た
          だ、4月29日は最終、それも日本だけある祭日でしたから、私たちがどう
          こう言うよりも、外国が大きく取り上げるのは、まあしようがないことだと
          思ってました。4月29日は昔の昭和何とかですよね


原告側弁護士:「結構です。それで4月ショーがTICAのサイト上には、2013年4月29日
          キャットショーとして3月29日には掲載されていた(
注4)のをご存知ですか」

前アジアディレクター:「
知りません

(次回に続く)


注1)TICAのルールの中に”30日ルール”というものがあるわけではありません。当時のShow Rule 22.4.1の中で、「ショー初日の30日前までにショーラインスが発行されていなければ…」というくだりがあるだけです。そのため、あたかも”30日ルール”なるものがあると勘違いしているメンバーがいたにすぎません。

正確には「ショー開催初日30日前までにショーライセンスが発行されていなければ、猫はショーに出陳してもポイントは獲得できない」というものであり、「ショー初日の30日前までにショーラインスが発行されていなければならない」というものではありませんでした。

注2)前アジアディレクターは「乙第17号証」として東京地裁に提出した「陳述書」で、「ACC4月ショーでは、TICAのショールール22.4.1において(中略)規定されているにもかかわらず、平成25年4月半ばになってからショー開催が告知されました」と書いていました。

注3)ショー初日30日前までにショーの「告知」をしなければならないというルールはありませんでした。

注4)実際は、TICAアジアリジョン公式サイトのショーカレンダーに掲載されたのが2013年3月29日、その後、4月1日前後には米国TICA本部サイトのショーカレンダーにも掲載されていました。

« Online Toybob セミナー(6) | トップページ | Online Toybob セミナー(7) »

出陳拒否裁判 証人尋問​リポート」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実録「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問(12):

« Online Toybob セミナー(6) | トップページ | Online Toybob セミナー(7) »