2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

« 【TICAルール改正】Show Rule 23.6.5の削除について(16) | トップページ | 「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問で何が明らかになったか(21) »

2017年2月 8日 (水)

「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問で何が明らかになったか(20)

前アジアディレクターであったクラブオーナーは、東京地裁に提出した「陳述書」で、TICAのメーリングリスト「TICA Members」に投稿されたと主張する「ACC4月ショーに対する批判や非難」について、次のようなことも書いていました。

批判の理由としては、まず、ACC4月ショーでは、TICAのショールール22.4.1において(中略)規定されているにもかかわらず、平成25年4月半ばになってからショー開催が告知されました」--。

しかし、Show Rule 22.4.1は、ショーの開催告知に関する規定ではなく、仮に前アジアディレクターの主張通り、「平成25年4月半ばになってからショー開催が告知され」たとしても、何の問題もなければ、まして「批判」されることなどは何ひとつありませんでした。

前アジアディレクターに対する被告側本人尋問では、原告側弁護士がこの点を質しました。

原告側弁護士:「22.4.1で定めている『ショーライセンスを30日前までに申請すること』と、ショーの告知をする時期は関係があるのですか?」

前アジアディレクター:「
余り問題ありませんでした

そもそも、前アジアディレクターが書いた、「平成25年4月半ばになってからショー開催が告知されました」というのは虚偽の陳述です。

2013年4月29日のアクトのショーの予定は、3月29日にはアジアリジョン公式サイトのショースケジュールに載り、4月1日にはTICA公式サイトにも掲載されていたのです。

そこで、原告側弁護士はさらに追及しました。

原告側弁護士:「そうした(3月29日あるいは4月1日の時点でアクトのショースケジュールが掲載されていた)事実を知っていましたか?」

前アジアディレクター:「
知りませんでした

ルールを読めばすぐ分かること、ショースケジュールを見れば容易に分かることなのに、自ら事実確認をすることをせず、自分勝手な臆測の上に臆測を重ねて印象操作するやり方は、決して許されるものではないと思います。

そして、それがTICAのジャッジであり、TICAアジアのトップであったところに、大きな問題があると思わざるを得ません。

« 【TICAルール改正】Show Rule 23.6.5の削除について(16) | トップページ | 「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問で何が明らかになったか(21) »

出陳拒否裁判 証人尋問​リポート」カテゴリの記事

トラックバック

« 【TICAルール改正】Show Rule 23.6.5の削除について(16) | トップページ | 「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問で何が明らかになったか(21) »