2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« 【ご案内】3月11日(土)アクトショー!! | トップページ | Online BGL セミナー(7) »

2017年2月22日 (水)

「出陳拒否」裁判、新たな問題が発覚!(10)

昨日の続きですが、もうひとつ重要な問題があります。

それは、被告側がYahoo Group Mailの「投稿」を裁判所に提出する前に、翻訳した日本語を投稿者に見せ、英語の投稿通りであるかどうかをチェックさせていなかったと思われる点です。

つまり、被告側は①「投稿」そのものを「証拠」として東京地裁に提出していいかどうかの許諾を投稿者から得る②「投稿」の日本語訳が英語の原文通りであるという確認を取る--の2つを怠ったことになります。

これらがいかに非常識であるかは、逆の立場で考えれば自ずと明らかでしょう。

みなさんのブログやSNS、グループメールの投稿を、もし海外の誰かが「証拠として裁判所に提出したい」「その際には英語の翻訳も付けます…」と言われて、「どうぞ、自由に使って下さい」と快諾するでしょうか?

私なら、仮に裁判所に提出することに同意したとしても、必ず「英語の翻訳は確認させて下さい。私が投稿した日本語の原文通りに英訳されているかどうかチェックしたいと思います」と言うしょう。

そうしなければ、こちらの意図とは違う翻訳をされて、こちらの意図と全く異なる使われ方をされかねないからです。

こうして考えてみれば、今回の被告側の「証拠」提出が、いかに大きな問題を抱えたものであるかがお分かり頂けるかと思います。

« 【ご案内】3月11日(土)アクトショー!! | トップページ | Online BGL セミナー(7) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「出陳拒否」裁判、新たな問題が発覚!(10):

« 【ご案内】3月11日(土)アクトショー!! | トップページ | Online BGL セミナー(7) »

無料ブログはココログ