2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

« 今後3年また続く? ”メンバー不在”のリジョン運営 | トップページ | 【TICAルール改正】Show Rule 23.6.5の削除について(12) »

2017年1月25日 (水)

「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問で何が明らかになったか(9)

”30日ルール”(あるいは”30日前ルール”)は、2013年4月29日のアクトのショーの後、改正されました。

現在のルールは「ショー開催初日30日前までにショーライセンスが発行されていなければ、ショーは開催されてはならない」となっています。

従って、現在のルール下において、もし主催クラブが開催初日30日前までにショーライセンスの発行を受けていないにもかかわらずショーを開いたら、主催クラブはこのルールに違反した(あるいは抵触した)と言うことになります。

これに対し、改正前のルールは、簡単に言えば「ショー開催初日30日前までにショーライセンスが発行されていなければ、猫はショーに出陳してもポイントを獲得できない」というものでした。

つまり、仮に主催クラブがショー開催初日30日前までにショーライセンスの発行を受けずにショーを開いても、主催クラブがこのルールに違反したとか、抵触したとか言えるような規定内容ではなかったのです。

改正前のルールに則して考えるなら、「違反した」と言うことは、「ショー開催初日30日前までにショーライセンスが発行されていないショーに出陳したにもかかわらず、ポイントを獲得した」場合を指します。

参加した猫に「ポイントを獲得させるか否か」は主催クラブの判断でどうかなるものでないことは、みなさんも十分にご承知かと思います。

TICAが自ら定めたルール通りに「ポイントを獲得させない」ようにするか、逆に自ら定めたルールを破り「ポイントを獲得させる」か、いずれにしてもTICAの判断次第だったというわけです。

そのため、TICAのボードは自らがルール違反に問われるのを避けるため、わざわざアクト4月ショーに参加した猫のポイントを認めるという動議をボードに提出し、可決するという奇妙な手続きを取ったというわけです。

Show Rule 22.4.1に関しては、私に対する証人尋問の時にも質問を受けました。

なぜなら、2013年4月29日のアクトショーに関してはライセンスの発行が30日前から2日遅れてしまったからでした。(ライセンスが降りたのは28日前でした)

私がどのように証言したかは、次回以降、改めて詳しくお伝え致します。

« 今後3年また続く? ”メンバー不在”のリジョン運営 | トップページ | 【TICAルール改正】Show Rule 23.6.5の削除について(12) »

出陳拒否裁判 証人尋問​リポート」カテゴリの記事

トラックバック

« 今後3年また続く? ”メンバー不在”のリジョン運営 | トップページ | 【TICAルール改正】Show Rule 23.6.5の削除について(12) »