2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

« 「出陳拒否」裁判、証人尋問で何が明らかになったか(13) | トップページ | 「出陳拒否」裁判、証人尋問で何が明らかになったか(14) »

2017年1月 5日 (木)

「ご挨拶」という名の”怪文書”(15)

皆様ご承知の裁判はもう直ぐ決着が付くと思います。(12/10日現在)」--。

前アジアディレクターは昨年12月17~18日に開催したショーカタログの「ご挨拶」の中でこう書きました。

12月10日と言えば、「出陳拒否」裁判の証人尋問の2日前--。前アジアディレクターはこの尋問によって「決着を付ける」、あるいは「決着が付く」と思ったのでしょうか。

というのも、実は「出陳拒否」裁判はそのまますぐ判決に向かうわけではなく、裁判長の意向もあって、1月27日(金)に東京地裁民事23部において、新たに「弁論準備手続き」をすることになりました。

原告側、被告側双方は12月12日の尋問で出てきた証言について、追加の証拠資料を提出する見通しです。

この「弁論準備手続き」が判決前の最後の期日になるかどうか分かりませんが、仮にそうなったとしても判決は3~4月になるのではないでしょうか。

27日の弁論準備手続きを受けて、さらにもう1回、新たな期日が入れば、判決は早くて5~6月、遅ければ夏ぐらいになることでしょう。

さらに、2014年10月のアジアリジョンショーにおける「出陳拒否」についてはこれから裁判が起こされるわけです。

そして、もうひとつ首を傾げてしまったのは、前アジアディレクターがあたかも「出陳拒否」裁判しかないかのように書いていたことです。

前アジアディレクターは、TICAアジア内における「いじめ・嫌がらせ」でも訴えられており、こちらはまだ始まったばかり…。

昨年12月1日に第3回期日が開かれましたが、被告側は全面的に争う姿勢を示しています。

「いじめ・嫌がらせ」裁判の第4回期日は1月23日(月)11:00~、東京地裁民事50部で開かれることになっています。


※本日は2本をアップする予定にしています。2本目は18:00の予定です。

« 「出陳拒否」裁判、証人尋問で何が明らかになったか(13) | トップページ | 「出陳拒否」裁判、証人尋問で何が明らかになったか(14) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ご挨拶」という名の”怪文書”(15):

« 「出陳拒否」裁判、証人尋問で何が明らかになったか(13) | トップページ | 「出陳拒否」裁判、証人尋問で何が明らかになったか(14) »

無料ブログはココログ