2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

« 【TICAルール改正】Show Rule 23.6.5の削除について(5) | トップページ | 【TICAルール改正】Show Rule 23.6.5の削除について(6) »

2017年1月16日 (月)

「出陳拒否」裁判、被告側本人尋問で何が明らかになったか(1)

昨年12月12日は、アジアディレクターであったクラブオーナーが出廷し、被告側本人尋問が行われました。(※残る被告側のクラブ代表と、2人のエントリークラークは「陳述書」も提出せず、本人尋問にも出廷しませんでした)

このクラブにおける「出陳拒否」は2014年2月、4月、6月、10月(アジアリジョンショー)であり、今回の裁判ではそのうち2月、4月、6月の「出陳拒否」について争われています。

さて、2月ショーの「出陳拒否」の経緯と理由ですが、このクラブのホームページにもアップされましたから、覚えていらっしゃるメンバーも多いかと思います。

要点だけ記すと以下のようになります。

①当初のエントリー申込書の送信先FAX番号が間違ってました。(※これはクラブ側のミスです)

②アクトクラブ員は申し込み締切日であった2014年1月25日(土)の夜にFAXを入れました。

③その後、アクトクラブ員が同クラブのホームページを確認しところ、FAX番号が間違っていた旨の告知が掲載してあり、アクトクラブ員は1月25日に送信した申込書に「25日(土)送信分再送」と大きく書いて、正しいFAX番号に送りました。

④ところが、この時のエントリークラークは「受け付けを保留する」と言い出し、最後には「申し込みが締切日を過ぎていたので受け付けない」と撥ね付けたわけです。

これについて裁判では、原告側アクトクラブ員が1月25日(土)にFAX送信したことを立証するため、電話会社から取り寄せた「通信記録」を証拠として提出しました。

そうすると、被告側クラブオーナ ーは本人尋問で、「
○○さん(原告側のアクトクラブ員)のものもあったらしい……」と証言し、間違ったFAX番号の方へ送られていた可能性があったことを認めました。

締切日に送信した「通信記録」があり、再送した際にも申込書に「25日(土)送信分再送」と大きく書き、間違ったFAX番号を載せたのはクラブ側なのですから、「申し込みが締切日を過ぎていたので受け付けない」という理由など常識で考えても通るはずはありません。

にもかかわらず、なぜ被告側クラブオーナーとエントリークラークは、「申し込みが締切日を過ぎていたので受け付けない」と言って「出陳拒否」したのでしょうか?

被告側クラブオーナーに対する本人尋問ではこの後、驚くべき証言が飛び出しました。

(次回に続く)

« 【TICAルール改正】Show Rule 23.6.5の削除について(5) | トップページ | 【TICAルール改正】Show Rule 23.6.5の削除について(6) »

出陳拒否裁判 証人尋問​リポート」カテゴリの記事

トラックバック

« 【TICAルール改正】Show Rule 23.6.5の削除について(5) | トップページ | 【TICAルール改正】Show Rule 23.6.5の削除について(6) »