2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

« 選挙戦を終えて、私の願い(1) | トップページ | ディレクター選挙結果を分析すると…(1) »

2016年12月11日 (日)

選挙戦を終えて、私の願い(2)

トランプ次期米大統領ではないですが、今、世界を見渡すと「自国中心主義」のうねりが起きています。

それは、TICAアジアにおいては長年にわたり、”クラブ中心主義”という形で続いきました。

”自分のクラブ員中心主義”とも言い換えられるでしょうし、”自分のクラブとその仲間のクラブ中心主義”へと勢いを増しているようにも映ります。

しかし、次のアジアディレクターにはこうした傾向を是非とも改めて頂きたいと思っています。

どのクラブもTICA公認クラブであり、どこのクラブのショーもTICA公認のショーであり、どこのクラブ員であろうと、TICAのメンバーであり、TICAのショーに参加する出陳者であることに変わりありません。

クラブの代表がディレクターをしようが、ジャッジがディレクターをしようが構いませんが、アジアディレクターという地位と職責は、クラブ代表やジャッジの地位や職責とは全く違うのです。

それは首相と、都道府県知事や市区町村長の職責が全く違うのと同じです。

新しいディレクターにはクラブの代表という考え方を持ち込むことなく、アジアディレクターという立場に立って職責を全うしたいと考えています。

TICAアジア全体、TICAアジアメンバー全員のために、平等・公平・公正にリジョン運営をして頂きたいと願っています。

« 選挙戦を終えて、私の願い(1) | トップページ | ディレクター選挙結果を分析すると…(1) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙戦を終えて、私の願い(2):

« 選挙戦を終えて、私の願い(1) | トップページ | ディレクター選挙結果を分析すると…(1) »