2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« 猫界であっても重要な「現場主義」の姿勢 | トップページ | 続・「アルター」のファイナル変更を考える(7) »

2016年11月 6日 (日)

「こんなはずではなかった…」と後悔しないために…

「こんなはずではなかった…」

せっかく新ディレクターが誕生しても、しばらく経ってから、こう後悔することほど残念で悲しいことはありません。

そうなってしまう要因はいくつもありますが、そのひとつがディレクターの”取り巻き”メンバーによるリジョン運営への参画でしょう。

もし、立候補者のこと(公約を含めて)だけを考えて、誰に投票しようか迷っているのであれば、もうひとつの視点を加えねばならないのではないでしょうか…。

それは、どの立候補者はどのメンバーと固い団結で結ばれ、どのメンバーと深い絆で繋がっているか--。

そして、その立候補者が当選すると、どういったメンバーがリジョンスタッフに入り、どんなメンバーがリジョン運営に大きな影響力を及ぼすようになるか--。

ここ最近は余り顔を見なくなったように思っても、もしかすると新ディレクター誕生を機に再び参加し始めるかもしれません。

そうしたメンバーが良識と常識を持ち合わせ、TICAアジアをクリーンに導いてくれるメンバーであれば大歓迎ですが、そうでないなら立候補者選びも慎重にならざるを得ないでしょう。

こうした考え方は特に珍しいものではなく、米大統領選でも「大統領候補は良いと思うが、副大統領候補は良くない」とか、その逆で「大統領候補は良くないが、副大統領候補は良い」といったケースが出てくるわけです。

新ディレクターの”威”を借りて存在を誇示し、権勢を振るおうとするメンバーが”取り巻き”にいる立候補者が当選すると、往々にして「こんなはずではなかった…」という事態に陥りがちです。

その点、私の場合は「メンバーファースト」「出陳者ファースト」のスローガンを通じ、特定のクラブ、特定のメンバーではなく、みなさんに平等・公平に奉仕するディレクターを目指しています。

こうした考えに賛同して頂けるメンバーとともに、分け隔てないリジョン運営をして行きますので、決して「こんなはずではなかった…」と後悔させることはないことをお約束したいと思います。

« 猫界であっても重要な「現場主義」の姿勢 | トップページ | 続・「アルター」のファイナル変更を考える(7) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「こんなはずではなかった…」と後悔しないために…:

« 猫界であっても重要な「現場主義」の姿勢 | トップページ | 続・「アルター」のファイナル変更を考える(7) »

無料ブログはココログ