2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

« メンバーの「声なき声」に耳を澄まして(3) | トップページ | メンバーの「声なき声」に耳を澄まして(4) »

2016年11月24日 (木)

続・「アルター」のファイナル変更を考える(18)

長々と連載してきた「続・『アルター』のファイナル変更を考える」ですが、最後に思うのは一般メンバー、、出陳者、ジャッジが幅広く意見交換することの重要性です。

特に一般メンバーにとって、今回のようなルール改正を提案文書だけを手掛かりに、1カ月余りで賛否を決めなければならないのは無理があるように思います。

「議案(Agenda)」が公表された時点で、ディレクターが解説を含めてリジョンメンバーに詳しく説明し、理解を得る必要があったのではないでしょうか?

今回で言えば、「議案(Agenda)」がアップされたのは7月下旬でしたから、幅広く意見を募り、意見交換する期間が3~4カ月確保できたことになります。

私がディレクターに当選した際は、リジョンメンバーの意見や見解を聞く必要がある場合、「議案(Agenda)」公表後、解説を踏まえて素早くお伝えしたいと思っています。

ボードでの投票にあたっても、ディレクターとして「賛成」「反対」どちらにするかを明らかにし、その根拠と理由をみなさんにお伝えすることもお約束します。

単に「ルール改正案」を右から左へ翻訳して伝えれば、それでディレクターの仕事が終わりではないと考えています。

ルールを改正した場合、しなかった場合、それぞれどんなプラス面、マイナス面があるかを、多様な視点からみなさんにお伝えするのがディレクターの仕事だと思っています。

その上で、みなさんの意見を集約し、ボードに臨みます。

今回の「アルター」のファイナル表彰の改正案については、そうした本来の手順通りに行われなかったことをとても残念に感じています。

※本日も2本をアップする予定にしています。2本目は17:00の予定です。

« メンバーの「声なき声」に耳を澄まして(3) | トップページ | メンバーの「声なき声」に耳を澄まして(4) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・「アルター」のファイナル変更を考える(18):

« メンバーの「声なき声」に耳を澄まして(3) | トップページ | メンバーの「声なき声」に耳を澄まして(4) »

無料ブログはココログ