2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« 「ショーキャット」に育てるも潰すもジャッジ次第 | トップページ | 「TICAは何をする団体か?」(4) »

2016年10月 9日 (日)

恐ろしい「自己愛性障害」者と「共依存」者の関係

もしかすると、「共依存」という言葉になじみの薄い方もいるかもしれません。

これは精神医学や心理学の分野で使われる言葉ですが、どんな組織の人間関係にも見られる可能性があります。

例えば、「自己愛性パーソナリティ障害」の傾向のある人と、「共依存」関係にある人--。

自分を称賛してほしい、自分を讃えてほしい、自分を理解してほしいと病的なまでに願う「自己愛性障害」者は、称賛してくれる、讃えてくれる、理解してくれる人を誰よりも大切にします。

一方、「共依存」者は、「自己愛性障害」者を称賛し、讃えることで、「自己愛性障害」者を支援し、助けているという”自己満足”を得られるので、「自己愛性障害」者を大切にし、「良き理解者」になり続けようと努めます。

しかし、「自己愛性障害」者と「共依存」者の関係は、”病的”に強固な関係を築いているだけで、真の人間関係とは言えません。

ですから、「自己愛性障害」者がどんなに非礼なことをしようが、正義に反することをしようが、「共依存」者が注意したり、改めさせたりすることは決してありません。

もし、そんなことをしようものなら、自分が「自己愛性障害」者を支援し、助けているという”自己満足”を得られなくなってしまうからです。

何が正しいかという「正義」、どうすることが全体の善につながるかという「大義」が抜け落ちた人間関係が、往々にして病的なまでに強固であるのは、こうした理由によります。

これは一般的な「組織論」では解決できない問題ですし、病的なだけに会って話し合えば解決する問題でもないだけに、非常にやっかいであるとも言えます。

※本日は2本をアップする予定です。2本目は17:00の予定です。

« 「ショーキャット」に育てるも潰すもジャッジ次第 | トップページ | 「TICAは何をする団体か?」(4) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐ろしい「自己愛性障害」者と「共依存」者の関係:

« 「ショーキャット」に育てるも潰すもジャッジ次第 | トップページ | 「TICAは何をする団体か?」(4) »

無料ブログはココログ