2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« 「誰に」ではなく「どの公約に」投票するかへ発想の転換を | トップページ | Facebook(FB)の正しい使い方とTICAアジアの未来 »

2016年10月31日 (月)

続・「アルター」のファイナル変更を考える(4)

データをどう読み、解釈するか--。これはこれで難しい問題です。

先日、ご紹介した「アルター」と「キャッツ」のカウントにおける「SGC」(アルターは「SGCA」)取得済み率のデータもそのひとつでしょう。

2015~2016年(6月まで)の8回のショーで、「キャッツ」の「SGC」取得済み比率は平均22%、これに対して「アルター」は同60%(SGCA)でした。


Photo

《昨日、ご紹介したデータを再掲しました》

このデータから、「キャッツ」はSGC(SGCA)になれる猫が平均2割しかいないのに対して、「アルター」は平均6割に達しているとも読み取れるわけです。

「SGC」や「SGCA」になるためには、それなりにファイナルに入らねばならず、最後に「ベスト」を獲らなければなりません。

ということは、「アルター」ではそれだけファイナルに残っ てきた猫が多いという証左でもあるわけです。

「キャッツ」に比べて、「SGCA」になれる平均比率が3倍近く(22%→60%)も高い「アルター」において、さらにファイナルに残りやすくする改正案が果たして必要なの?

こうした”疑問”が出て来ても不思議ではありません。

もちろん、これはあくまであるリジョンにおける、ある一定期間のデータに過ぎませんから、真剣に分析に取り組むならば、TICA全体としてどうなのかを調べる必要がありそうです。

※本日も2本をアップする予定にしています。2本目は18:00の予定です。

« 「誰に」ではなく「どの公約に」投票するかへ発想の転換を | トップページ | Facebook(FB)の正しい使い方とTICAアジアの未来 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・「アルター」のファイナル変更を考える(4):

« 「誰に」ではなく「どの公約に」投票するかへ発想の転換を | トップページ | Facebook(FB)の正しい使い方とTICAアジアの未来 »

無料ブログはココログ