2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« 二転三転しても、四転五転しても… | トップページ | 「10月リジョンショー」出陳拒否、裁判へ(2) »

2016年9月20日 (火)

【ご報告】TICA Annual 「AUMブリードセミナー」から

TICA Annual Reportでもちょっと触れましたが、現地で開かれた「Australian Mist(AUM) Breed Seminar」について、もう少し詳しくご報告します。

実は、なぜAUMに興味を持ったかというと、パターンが「Spotted」と「Marbled」なんです。そう、BGと同じです。

カテゴリーは「Sepia」、カラーは「Limited to eumelanistic ONLY」です。

もちろん、セミナーの内容を全てというわけにはいきませんので、今日は主なポイントを2つ、ご紹介します。

特徴の1つは「Muzzle」です。

「Standard」にはこういう記述が見られます。

「all four (chin, nose, and wisker pads) of comparable of a four leaf clover」--。

セミナーの冊子をご覧頂けると分かりますが、「四つ葉のクローバー」のイメージです。

Aum

特徴の2つ目は「Eye shape」です。

「Standard」には「upper lid nearly straight, lower lid deeply curved」と書いてあります。(※lidは「まぶた」です)

このほか、「Ears」は、大きさに関して言うとBGと正反対な感じで「Moderately large」ですが、先端の形状は同じ「rounded tips」、付き位置も「set as much on the top as to the side of the head」とBGと似たような表現になっています。


Aum_2

ちなみに「Lockets」はAUMの場合、「WW」です。(※BGはPenalty)

Aum_3
《AUMは「Aussie Moggy」と、「BU」「AB」の交配を通じて創出されました》

Aum_4
《これはMarbledのAUMです》

Aum_5
《セミナーで配布された冊子の表紙です。無料で頂くことが出来ました。もし、ご興味があればお貸し致します》

※本日も2本をアップする予定にしています。2本目は18:00の予定です。

« 二転三転しても、四転五転しても… | トップページ | 「10月リジョンショー」出陳拒否、裁判へ(2) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ご報告】TICA Annual 「AUMブリードセミナー」から:

« 二転三転しても、四転五転しても… | トップページ | 「10月リジョンショー」出陳拒否、裁判へ(2) »

無料ブログはココログ