2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« 「汚職の”最高司令官”だ!」… | トップページ | 【ご報告】TICA Annual 「AUMブリードセミナー」から »

2016年9月19日 (月)

二転三転しても、四転五転しても…

「羮(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹く」--。

誰にでも一度や二度、そういう経験はあるでしょうし、多くの人がそうなっても仕方ないと感じるとかと思います。

しかし、「主張」や「判断」にあっては、決してそうであってはなりません。

たとえ、「主張」や「判断」が二転三転して批判を受けても、四転五転して非難されたとしても、「また主張を変えると批判されてしまう」とか「判断を翻すと非難されてしまう」との思いから、”また変える”ことに二の足を踏んでしまうことがあってはならないのです。

大切なのは「正義」や「大義」に向かおうという「意思」であり、そういう「意思」さえあれば、たとえ今回は間違ってしまっても、次は「正義」や「大義」につながる「主張」や「判断」に辿り着けるのでしょう。

しかし、単にその時々の周囲の評判や評価を気にしていると、せっかく”内なる正義”や”内なる大義”を持っていても、次第に薄れ、やる気さえ失せてしまいます。

周囲の「評判」や「評価」を気にすることは、いわば”死に至る病”のようなものと言えます。

紆余曲折があっても、二転三転しても、四転五転しても、最後に辿り着くところが「正義」や「大義」(あるいは「正義」や「大義」につながる「主張」や「判断」)であればいいのです。

それによって、その人の最終評価は決まるのです。

1年後、2年後、あるいは3年後--。当時を振り返ったとき、その「主張」や「判断」が、歴史に耐えられるかどうかこそが一番大事なのです。

もし、3年前の「判断」を心から後悔しているのであれば、なおさらではないでしょうか…。

自己愛や自己保身しか考えず、「正義」や「大義」に向かおうという「意思」を持たない人も多いなかで、二転三転するのは「正義」や「大義」に向かおうという「意思」がある証しであり、その歩みを途中で止めてはなりません。

「主張」や「判断」が二転三転、四転五転することが”罪”なのではなく、「正義」や「大義」に辿り着けないことが”罪”なのです。

そして、「主張」や「判断」が二転三転、四転五転していく中で、周囲はふるいにかけられ、最後の最後に「正義」や「大義」に辿り着ければ、真の”絆”、本物の”友情”を持ち合える人が手を広げて向かい入れてくれることでしょう。

« 「汚職の”最高司令官”だ!」… | トップページ | 【ご報告】TICA Annual 「AUMブリードセミナー」から »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二転三転しても、四転五転しても…:

« 「汚職の”最高司令官”だ!」… | トップページ | 【ご報告】TICA Annual 「AUMブリードセミナー」から »

無料ブログはココログ