2023年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

« TICA Online Judging School (1) | トップページ | TICA Online Judging School (3) »

2016年8月 8日 (月)

TICA Online Judging School (2)

今日は「Almond」について紹介します。

「Standard」を読むと、多くの猫種について「Almond」の記述を見かけます。

AB/SO、DSK、LP/LPS、NF、SI/BA/OS/OLのEye:「Almond shape」

ABT/ABSのEye:「almost almond in shape」

EMのEye:「Large, rounded almond shape」

OA/OALのEye:「a nearly round almond」

OCのEye:「Large almond shaped」

PDのEye:「almost almond in shape」

SGのEye:「large eyes in an almond setting」

SKのEye:「slightly almond」

SVのEye:「bottom half of the eye has an almond shape」

THのEye:「a very full almond shape」

TOのEye:「half almond on top」

PDのEye:「almost almond in shape」と書いてあります。

一方、AllowancesやPenalizeのところにも「Almond」の記述は散見されます。

BGのAllowances:「Eyes slightly almond shaped」

BS/BSLのPenalize:「Eyes:Almond shape」

CXのPenalize:「Almond-shaped eyes」

MCのPenalize:「Eyes Almond shaped」

SBのPenalize:「Almond-shaped eyes」と書かれています。

しかし、「洋ナシ」同様、「アーモンド」も言葉自体は明確でも、ジャッジやブリーダーが思い描く「almond shape」は微妙に異なるのではないでしょうか。

セミナーで示された「アーモンド」を見て頂ければ分かりますが、どの段階のアーモンド(果実か、種子か、種子の殻を割った後の「仁」の部分か)を指すのかで見方が分かれるでしょうし、仮に「仁」の部分だとしても画像にあるように微妙にshapeは異なります。

「Standard」に忠実に則って「almond shape」であるかどうか審査しても、思い浮かべるalmond shapeが違っていては評価もバラバラになるというわけです。


Photo_3
《左側2列がアーモンドの種子、右側2列が種の殻を割った後のアーモンドの「仁」。私たちが普段、食べるのは「仁」の部分です》

« TICA Online Judging School (1) | トップページ | TICA Online Judging School (3) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TICA Online Judging School (2):

« TICA Online Judging School (1) | トップページ | TICA Online Judging School (3) »

無料ブログはココログ