2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« 【TICAルール】「アルター」のファイナル表彰変更について | トップページ | 【TICAルール】Guest Judgeの申請期限について »

2016年8月 4日 (木)

「問題を早期発見できず、自浄作用が働かない体質」…

「問題を早期に発見できず、自浄作用が働かない体質が浮き彫りになった」--。

まるで「猫界」のことを言っているようで驚きましたが、これは三菱自動車の燃費不正問題を調べる特別調査委員会の報告書の内容です。

なんと新入社員が「新人提言書発表会」で、燃費測定について「法規に従うべきだ」との提言をしたのに、会社側は全く改めなかったというのです。

「報告書」によると、「新入社員が改善を訴えるのは相当のインパクトがあったはずで、当時の出席者による記憶がないという説明は容易に受け入れられない」としたとのこと。

「猫界」も全く同じではないでしょうか…。

どんなに改善を促しても、自分に「都合の悪い真実」はひた隠しにして、耳の痛い意見をいうメンバーとは対話の窓を閉ざしたり、排除したりしてしまっては「問題を早期に発見できない」のも当然ですし、「自浄作用が働かない体質」になっても仕方ないでしょう。

せっかく「他山の石」にできる不祥事の事例があるのですから、「猫界」もしっかり学んで同じ轍は踏まないようにしたいものです。

« 【TICAルール】「アルター」のファイナル表彰変更について | トップページ | 【TICAルール】Guest Judgeの申請期限について »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「問題を早期発見できず、自浄作用が働かない体質」…:

« 【TICAルール】「アルター」のファイナル表彰変更について | トップページ | 【TICAルール】Guest Judgeの申請期限について »

無料ブログはココログ