2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« 猫界は「バブルの絶頂を迎えてる」?(1) | トップページ | 【お知らせ】TICA、「IW」と「IA」発表:スポンサー募集 »

2016年6月15日 (水)

【お知らせ】TICA Spring Board Meeting 議事録

5月21~22日に開催された「TICA Spring Board Meeting」の議事録が公開されました。http://www.tica.org/pdf/meetings/spring_2016.pdf

主な決議内容はすでにお伝えした通りですが、アジアディレクターの投票行動に関して新たに分かったことがありますので、お伝えします。

「決議21」において、「P.O.(Presentation OnlyまたはPresented Only)」ルールの改正が諮られました。

反対12票、賛成2票で否決されたのはすでにお伝えした通りですが、アジアディレクターは賛成票を投じていました。

もうひとり賛成票を投じたのは、この動議を提案したディレクターでしたから、それ以外ではアジアディレクターだけが賛成したことになります。

「決議25」において、「Therapy Cat Title Program」の導入に関して諮られ、賛成12票、反対1票、棄権1票でしたが、ただひとり棄権したのはアジアディレクターでした。

ただひとり賛成でも、ただひとり棄権でも、その投票行動に正当な理由と合理性があれば問題ありません。

アジアディレクターは会議で賛成理由についてどう述べたのか? そして、どうしてこうした投票行動を取ったのか? をTICAアジアのメンバーに説明する責任があると言えるでしょう。

「決議21」は日本のショーにも関係する重要事項でしたし、「決議25」も日本とは直接関係ないとは言え、猫愛好家にとっては重要な「プログラム」であったからです。

※「猫界は『バブルの絶頂を迎えてる』?」は休みました。

« 猫界は「バブルの絶頂を迎えてる」?(1) | トップページ | 【お知らせ】TICA、「IW」と「IA」発表:スポンサー募集 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【お知らせ】TICA Spring Board Meeting 議事録:

« 猫界は「バブルの絶頂を迎えてる」?(1) | トップページ | 【お知らせ】TICA、「IW」と「IA」発表:スポンサー募集 »

無料ブログはココログ