2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« 「P.O.」ルール改正について考える(下) | トップページ | 「出陳拒否」裁判、2014年6月上田ショーも提訴へ! »

2016年5月28日 (土)

【クラブ関係者の方へお願い】に関するお願い

一昨日、アジアリジョンサイトに【クラブ関係者の方へお願い】なる告知が掲載されました。

今さら…と言った感じが否めませんが、TICAのルールを勉強されている方のために補足すると、これは「お願い」の類いに属する話ではありません。

なぜなら、ショールールに明記されている、全てのクラブとTICA会員が守るべき重要事項だからです。

しかも、このルールは昔からあったものではなく、ルール遵守を促すために、ここ数年の間に追加されたものなのです。

ショースケジュールに関するルールが完璧に守られていないことの反省に立ち、ボードが敢えて追加した経緯に鑑みれば、これを守れないというのは3つの意味で極めて大きな問題と言えるのではないでしょうか。

ひとつは、どうして各クラブは守れないのか?(あるいは、守ろうとしないのか?)

2つ目は、このルールは果たしてルールとして相応しいものだったのか?(各クラブが守れないようなルールであるなら、ルールを作った側にも何らかの責任が生じるでしょう)

そして3つ目は、上記2つと関連して、ボードメンバー(あるいは各ディレクター)は守らせる努力をして来たのか?

こうして考えるなら、この種のルール遵守の徹底が何の背景説明もなく、単なる「お願い」として告知されることはあり得ないですし、なぜ、今さらこうした「お願い」がされるのか疑問に思わざるを得ません(もちろん、注意喚起が全くない状態が続くよ りいいですが…)。

202.4.4.1 The show information must be submitted for publication to the show calendar on the official TICA website at least 30 days prior. In addition to this, clubs are encouraged to use other available means to publicize their shows.

このルールの文言において、「must be submitted」いう表現になっていること、さらに「In addition」 として「clubs are encouraged to use other available means to publicize their shows」が記載されているように、「show calendar on the official TICA website」の方が優先されているという重要性を理解しなくてはなりません。

« 「P.O.」ルール改正について考える(下) | トップページ | 「出陳拒否」裁判、2014年6月上田ショーも提訴へ! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【クラブ関係者の方へお願い】に関するお願い:

« 「P.O.」ルール改正について考える(下) | トップページ | 「出陳拒否」裁判、2014年6月上田ショーも提訴へ! »

無料ブログはココログ