2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« Completeではなく、Complicate? | トップページ | TICAアジアで起きている「諸問題」?? »

2016年5月24日 (火)

「出陳拒否」裁判、第16回期日は明日25日

不当な「出陳拒否」を巡る第16回期日は、明日25日(水)11:00から東京地裁で開かれるとのことです。

4月6日に開かれた第15回期日に被告側4人は出廷せず、関係者によると、とにかく金銭の支払いを頑なに拒んでいるとのこと。

これにより、「判決」に向けた準備が本格的に進むことになりました。

被告側4人全員の考えが一致しているのかどうか知る由もありませんが、少なくともアジアディレクターの頭の中にあるのは「カネ」のことだけのようです。

つまり、「『和解』より支払うカネが少なくなるなら『判決』の方が得」だし、「『判決』なら全く払わないで済む可能性だってある」と考えているようなのです。

確かに、「判決」で原告側の請求額が全て認められることはほとんどありませんし、現状、原告側が修正「和解案」で示している金額より少なくなる可能性があるなら、「判決」に期待をかける気持ちも分からないではありません。

とは言え、「判決」となれば、「勝訴」「敗訴」がはっきりします。

何より「和解」に比べ、裁判所の「判決」の方が格段に重いわけですから、「敗訴」が確定すれば(判決を不服として控訴することも可能です)、TICAのボードの決議以上に大きな”十字架”を背負い続けることになるかもしれません。

確かな根拠をもとに、「『判決』なら必ず勝てる」というのなら話は別ですが、「カネを払わないで済む可能性がある」とか、「カネの支払額が少なくて済みそうだ」という理由だけで「判決」の方を選ぶとするなら、ちょっと違うのではないかと思ってしまいます。

« Completeではなく、Complicate? | トップページ | TICAアジアで起きている「諸問題」?? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「出陳拒否」裁判、第16回期日は明日25日:

« Completeではなく、Complicate? | トップページ | TICAアジアで起きている「諸問題」?? »

無料ブログはココログ