2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« 【上海リポート①】昨夜は「クラーキングスクール」を開催 | トップページ | 【上海リポート②】想定外の事態が続出!! »

2016年4月 9日 (土)

猫裁判、驚くべき6年前の「陳述書」(12)

「私達に全く理がないことを行い○○○○したとなれば、そうした話は必ずキャット・ショーに広がり、私達はキャット・ショーの世界において誰からも相手にされなくなってしまいます」--。

アジアディレクターの姉は裁判所に提出した6年前の「陳述書」でこう書きました。

当時の裁判官がこの「陳述書」を読んで、どのような心証を得たか知る由もありません。

ただ、一般的に言えば「確かにその通りかもしれない」と思いながら読んでしまいそうになります。

しかし、ちょっと待って下さい。そこには暗黙の前提があり、その前提が覆るなら「確かにその通りかも…」なんて、口が裂けても言えないはずです。

その前提とは「性善説に基づく、健全な組織であれば…」ということです。

常識と良識に基づく人々で構成される組織であれば、「全く理がないこと」を行うような人がいたなら、確かに「誰からも相手にされなくなってしまう」ことでしょう。

しかし、猫の世界、とりわけTICAアジアが全く異質な”世界”であることは、そこに身を置くメンバーであればお分かりの通りです。

ですから、仮に「全く理がないことを行った」としても、そうした話が広がるとは言え、「誰からも相手にされなくなってしまう」なんてことはないのです。

相手にされないどころか、一部とは言え、こうした「全く理ないことを行う」人たちが集まり、さらなる理不尽な差別的な行為に手を染めるのがこの”世界”であることは、不当な「出陳拒否」を見ても分かるかと思います。

もちろん、個人的には「全く理がないことを行う」人たちが「誰からも相手にされなくなってしまう」ような健全な組織に早く変えなければならないと思っていますが…。

« 【上海リポート①】昨夜は「クラーキングスクール」を開催 | トップページ | 【上海リポート②】想定外の事態が続出!! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫裁判、驚くべき6年前の「陳述書」(12):

« 【上海リポート①】昨夜は「クラーキングスクール」を開催 | トップページ | 【上海リポート②】想定外の事態が続出!! »

無料ブログはココログ