2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« 2月のTICAニュースレターから(5) | トップページ | 2月のTICAニュースレターから(6) »

2016年3月 4日 (金)

【eセミナー】ベンガル(BG)の「スタンダード」を考える(19)

引き続き、「BODY」について考えます。

BGの「BODY」に関しては”大きさコンテスト”ではない点は触れました。

もうひとつ、注目したいのは”体重コンテスト”になっていないかという点です。

TICAではBGの「Traits」にところに、「Bengals are medium to large cats, from 6-15 pounds」と明記しています。

体重の目安として「from 6-15 pounds」と書いてありますから、この範囲内であるならば「重さ」において基本的に優劣の差は付かないと理解できます。

ちなみに6ポンドは約2.7kg、15ポンドは約6.8kgです。

「Traits」のところには「with males generally being larger than females」とも書いてありますから、男の子で「6ポンド(約2.7kg)」は小さいと言えても、女の子なら適正範囲内と言えるでしょう。

これに対してCFA案では、体重に関する具体的な記述は今のところ見られません。

もともと現時点でのCFA案では、「BODY」は相対的にかなり低めの評価となっているので、具体的な体重にこだわる必要がないのかもしれません。

TICAでは見かけ上の”大きさ”や”重さ”ではなく、あくまでALC並みの「Boning」と「Musculature」であるかどうかが評価ポイントであると言えるでしょう。

« 2月のTICAニュースレターから(5) | トップページ | 2月のTICAニュースレターから(6) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【eセミナー】ベンガル(BG)の「スタンダード」を考える(19):

« 2月のTICAニュースレターから(5) | トップページ | 2月のTICAニュースレターから(6) »

無料ブログはココログ