2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

« 【新製品】短毛向け、長毛向けボディシート | トップページ | 【新保険】生後0日齢から申し込み可能なペット保険 »

2016年3月22日 (火)

「出陳拒否」裁判、長期化必至の情勢(12)

あくまで一般論になりますが、刑事裁判でも民事裁判でも、当事者と代理人弁護士さんはかなり「裁判官の心証」がどうかについて気にするようです。

機械やロボットが「判決」を下すわけではなく、あくまで人間が判断するわけですから、裁判官の「心証」が大事になってくるのは当然かもしれません。

ある弁護士さんはこんなことを指摘していたのが印象に残りました。

「裁判官の頭の中とずれた主張・立証を繰り返せば、良い結果はでません」--。

「反省しているという趣旨のことをいいながら、被害者のことを批判したり、保身を図るための非合理な言い訳を繰り返せば、当然、心証を害し(反省していないと理解されること)、重く処罰されることはあるでしょう」--。

« 【新製品】短毛向け、長毛向けボディシート | トップページ | 【新保険】生後0日齢から申し込み可能なペット保険 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「出陳拒否」裁判、長期化必至の情勢(12):

« 【新製品】短毛向け、長毛向けボディシート | トップページ | 【新保険】生後0日齢から申し込み可能なペット保険 »

無料ブログはココログ