2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« 【速報】TICAボードミーティング議事録 | トップページ | 【eセミナー】ベンガル(BG)の「スタンダード」を考える(3) »

2016年2月17日 (水)

【eセミナー】ベンガル(BG)の「スタンダード」を考える(2)

CFAにおけるベンガル(BG)の「スタンダード」案(あくまで(「Miscellaneous Class」段階での提案ベース)が明らかになりましたのでお知らせします。(※カッコ内はTICAの配点です)

HEAD 30            (35)
 Skull 5             (6:TICAはShapeとして)
  Muzzle 6            (4)
  Profile 4            (6)
  Ears 6                (6)
  Eyes 6                (5)
  Chin 3               (5)
このほか、TICAではNose (2)、Neck (3)の配点あり。

BODY 20              (30)
 Torso:                (5)
  Boning 5              (6)
 Musculature 5      (6)
 Legs/Feet 5       (8、TICAはLegs 4/Feet 4) 
  Tail 5                 (5)

COAT&COLOR 25  (TICAはPATTERNを合わせて35)
  Texture 10          (10)
  Coat Color 10      (10) 
  Eye Color 5         (TICAはEyesに含む) 

PATTERN  25     (15)
  Contrast 10         (TICAはPATTERNの15にContrast含む)
  Pattern-Specific Point Allocation 15
    Rosetted/Spotted Pattern: Two Tone Markings
    Marble Pattern: Two Tone Markings
    Charcoal Pattern: Mask, Goggles, and Cape (TICAではCharcoalは未公認)
    Snow Pattern: Two Tone Markings

こうして比べて見ると、CFA案の配点がかなり焦点を絞った衝撃的なものであることが分かるかと思います。

ひと言でいえば、CFAの案は現時点としては本気でBGの取り込みを目指していることが見て取れることでしょう。

CFAにおいて最終的にどのようなBG「スタンダード」が完成するか分かりませんが、この方向性で行くとしたならば、10年後、20年後、TICAとCFAのBGの登録数と出陳数がどうなっているか想像が付くのではないでしょうか…。

« 【速報】TICAボードミーティング議事録 | トップページ | 【eセミナー】ベンガル(BG)の「スタンダード」を考える(3) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【eセミナー】ベンガル(BG)の「スタンダード」を考える(2):

« 【速報】TICAボードミーティング議事録 | トップページ | 【eセミナー】ベンガル(BG)の「スタンダード」を考える(3) »

無料ブログはココログ