2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« 【ニュース】デルタ、旅客機「貨物室」でのペット輸送禁止へ | トップページ | 【研究レポート】受動喫煙、ペットにも悪影響 »

2016年2月 1日 (月)

6~7年前に申し立てられた「プロテスト」

今から6~7年ほど前、当時のアジアディレクターとその実姉に対して申し立てられた「プロテスト」がありました。

訴えたTICAアジアメンバーはその「プロテスト」の中で、以下のBy-Lawsについて違反があると主張していました。

17.3 Duties of the Regional Directors.
17.3.2 The Regional Directors shall attempt to resolve complaints which have been filed or called to the attention of an official of TICA.

102.1 Mission Statement.
102.1.1 To encourage its members to be caring, responsible owners and breeders of cats who work together to promote the preservation of pedigreed cats and the health and welfare of all domestic cats.

102.1.5 To promote friendly relations between breeders in this country and other countries around the world.

102.1.7 To set up a foundation to encourage research on feline health issues and to provide readily available lists of resource materials on health issues to its members.

この「プロテスト」自体は当時のボードにおいて「No Action」になりましたが、今なお申し立てられている「プロテスト」でも必ずと言っていいほど、上記のルール違反が盛り込まれています。

トラブル自体に違いはあっても、要はこのアジアディレクターの問題の根源はここにあると言っても過言ではないのです。

その時々に適切な対処をしてこなかったツケが回ってきたとも言えますが、裁判まで起こされたTICAのディレクターが他にいたでしょうか?

しかも、2回も…です。おそらく世界中、どこを見回してもいないはずです。

TICAアジアの再建に当たっては、裁判を起こされるようなディレクターを決して誕生させてはならないということに尽きるでしょう。

« 【ニュース】デルタ、旅客機「貨物室」でのペット輸送禁止へ | トップページ | 【研究レポート】受動喫煙、ペットにも悪影響 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6~7年前に申し立てられた「プロテスト」:

« 【ニュース】デルタ、旅客機「貨物室」でのペット輸送禁止へ | トップページ | 【研究レポート】受動喫煙、ペットにも悪影響 »

無料ブログはココログ