2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« 2月のTICAニュースレターから(3) | トップページ | 【ニュース】札幌市、「生後8週まで子猫は親元に」条例化へ »

2016年2月 3日 (水)

「出陳拒否」裁判、長引かせる作戦?(2)

原告側の修正「和解案」の送付(1月22日)から第13回期日(2月1日)まで10日間あった上に、さらに被告側代理人は次回期日まで4週間の期間は欲しいと求めたそうです。

原告側が起案した修正「和解案」は、特に新しい条項を加えたものではなく、被告側の対案に沿って簡略化しただけのものですから、なぜ、それだけの期間が必要なのか、全く分かりません。

早く「和解」を成立させたいなら、1~2週間で次の期日に臨めばいいように思いますが、そうでないところを見ると、何らかの理由でこの裁判を長引かせたいだけとも考えられます。

あるいは「どうでもいい…」と投げ出してしまったか…。

”ごね得”を狙って「和解」交渉が長引かせられるぐらいなら、個人的には「判決」に切り替えてきっちり決着を付けてもらった方がいいと思います。

« 2月のTICAニュースレターから(3) | トップページ | 【ニュース】札幌市、「生後8週まで子猫は親元に」条例化へ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「出陳拒否」裁判、長引かせる作戦?(2):

« 2月のTICAニュースレターから(3) | トップページ | 【ニュース】札幌市、「生後8週まで子猫は親元に」条例化へ »

無料ブログはココログ