2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« 「誰のため」「何のため」のリジョンショー?(11) | トップページ | 「誰のため」「何のため」のリジョンショー?(12) »

2015年11月17日 (火)

素晴らしいショーも心ない参加者の言動次第で…

クラブ代表やクラブ員が一生懸命に素晴らしいショーを企画しても、そこに参加している出陳者が”大人の常識”をわきまえていないと興醒めしてしまうことがあります。

一昨日のショーでこんなことがありました。

主催クラブの方が学生風の3人の若い女性を伴って私たちのベンチングを訪れ、「ベンガルに興味があるそうなので、見せてあげて頂けませんか?」と言ってきました。

そこで私たちは「はい、いいですよ」と気軽に承諾し、控えケージから出すなどしてブラウンスポットの子猫と、スノーの成猫を見せてあげたのです。

私が説明を終え、3人ともたいそう感激した様子を見せながら私たちのベンチングを離れようとしたその時です。

遠くからある出陳者(ある別のクラブの代表者)が険しい表情をしながら3人に駆け寄り、こう叱りつけたのです。

「あんな人たちの猫なんか見に行くんではありません。あの人たちは○○(この出陳者の妹で、ある別のクラブのオーナー)を780万円で訴えた人たちです!」--。

3人の若い女性は一瞬きょとんとし、そして怪訝そうな顔を見せながらこの出陳者に連れられて足早に遠ざかって行きました。

”大人の世界”のトラブルをいきなり頭ごなしに言われても、学生風の若い女性にはすぐには理解出来ないでしょうし、せっかく楽しくベンガルを間近で見られ、触ることが出来た感激も一瞬にして吹き飛んでしまったことでしょう。

そもそも、今回の裁判はあなたの妹さんだけでなく、あなた自身も訴えられているのに…。

それに普通の感覚なら「裁判を起こされるような人に近づくのではありません」となりそうなところが、逆に「訴えを起こすような人に近づくな!」になってしまうとは…。

みんなが協力して楽しいショーにしようと努力しているのを”ぶち壊す”ようなことはしてほしくないですし、ショー会場にまで持ち込む話ではないはずです。

ましてや若い見学者--。ショー会場を訪れた見学者に対しては、大人の良識と常識をもって対応してほしいものです。

※本日も2本をアップする予定です。2本目は18:00を予定しています。

« 「誰のため」「何のため」のリジョンショー?(11) | トップページ | 「誰のため」「何のため」のリジョンショー?(12) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしいショーも心ない参加者の言動次第で…:

« 「誰のため」「何のため」のリジョンショー?(11) | トップページ | 「誰のため」「何のため」のリジョンショー?(12) »

無料ブログはココログ