2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« 7年前に鳴らされていた”警鐘”… | トップページ | 《速報》 TDS Onlineが復旧! 投票可能に!! »

2015年11月19日 (木)

「誰のため」「何のため」のリジョンショー?(14)

これだけ不祥事が続き、しかもアジアディレクターがオーナーのクラブにおいて「罰金」と「ショー禁止」処分が科せられたにもかかわらず、襟を正そうとする気配が一向に見えないのは残念です。

アジアディレクターは自身がオーナーのクラブサイトで、アジアリジョンショーの「フライヤー」を掲載し、15日のショーでもクラブ員にフライヤーを配らせていましたが、TICAのショールールで定めた事項の記載漏れが目立つ杜撰な「フライヤー」でした。

TICAのルールを真面目に勉強している方も多いと思いますが、ショーフライヤーに掲載しなければならない項目は「Show Rule 209..1.6.1」で厳格に定められています。

なぜ、「厳格に定められている」と書いたかというと、その文章は以下のような記述で始まっているからです。

「209.1.1.6.1 Show Flyers MUST include the following information:」--。

通常は「shall」を使うところが、一番強い意味合いを持つ「must」を使い、さらに大文字の「MUST」とした上に、下線も引いてあることに留意しなければなりません。

今回のリジョンショーのショーマネージャーはアジアリジョンディレクター、ショーセクレタリーはアジアリジョンオフィスのセクレタリーとなっていますから、TICAアジアのトップと”ナンバー2”の2人ともTICAのルールの基本を理解していなかったことになります。

エントリークラークは不当な「出陳拒否」問題で東京地裁に訴えられている被告側4人のうちのひとりです。

4月の静岡のショーであれだけの問題を起こし、処罰を科せられたにもかかわらず、反省が見られないのは極めて残念ことですが、今なお謝罪もしていないということは反省などしていない”証拠”なのかもしれません…。

« 7年前に鳴らされていた”警鐘”… | トップページ | 《速報》 TDS Onlineが復旧! 投票可能に!! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「誰のため」「何のため」のリジョンショー?(14):

« 7年前に鳴らされていた”警鐘”… | トップページ | 《速報》 TDS Onlineが復旧! 投票可能に!! »

無料ブログはココログ