2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

« 「出陳拒否」裁判で新たな展開(3) | トップページ | TICAの”生命線”とは何なのでしょう? »

2015年11月24日 (火)

「出陳拒否」裁判、第11回期日は27日(金)

不当な「出陳拒否」を巡る裁判の第11回期日は27日(金)11時から開かれるとのことです。

原告側が起案した「和解条項案」について、被告側がどういう態度を示すかが最大の焦点となります。

今後の行方としては、被告側がその内容で納得すれば「和解成立」となり、年内に裁判は終了するでしょう。

被告側が「話にならない」と考えて和解を拒否すれば、裁判は「判決」へと向かうことになります。

被告側が何らかの形で歩み寄る姿勢を見せ、和解交渉に応じる姿勢を示せば、項目や内容ごとに文言などを詰めることになります。

被告側4人全てが同じ意見とも限りません。その場合、和解案を受け入れた被告側とは和解して終了。受け入れない被告側とは「判決」に向けて裁判を継続するといったケースも考えられそうです。

「判決」となった場合、双方とも控訴することが出来ますから、裁判は極めて長期にわたる可能性も否定出来ません。

大きな”ヤマ場”と言えそうです。

« 「出陳拒否」裁判で新たな展開(3) | トップページ | TICAの”生命線”とは何なのでしょう? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「出陳拒否」裁判、第11回期日は27日(金):

« 「出陳拒否」裁判で新たな展開(3) | トップページ | TICAの”生命線”とは何なのでしょう? »

無料ブログはココログ