2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« ”重箱の隅”と”蟻の一穴” | トップページ | 「出陳拒否」裁判で新たな展開(2) »

2015年11月21日 (土)

「出陳拒否」裁判で新たな展開(1)

不当な「出陳拒否」を巡る裁判で、新たな展開があったようです。

アジアディレクターを務めるクラブオーナーら被告側4人は「謝罪はするが、金銭の支払いはしない」としてきましたが、被告側代理人は何らかの金銭の支払いに応じることに含みを持たせる態度を示しているそうです。

具体的な金額や支払い名目は今後の和解交渉の中でされることになりそうですが、とりあえず、和解に向けての大きな障害はひとまず横に置かれたと言えそうです。

これを受け、和解条項案は原告側が起案することも決まったと聞いています。

被告側がこの和解条項案を受け入れれば、今回の裁判は年内に終決する可能性がありますが、「やっぱり、金銭の支払いには応じない」など駄々を捏ねれば、越年どころか、次のショーシーズンまで長引く可能性があるかもしれません。

« ”重箱の隅”と”蟻の一穴” | トップページ | 「出陳拒否」裁判で新たな展開(2) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「出陳拒否」裁判で新たな展開(1):

« ”重箱の隅”と”蟻の一穴” | トップページ | 「出陳拒否」裁判で新たな展開(2) »

無料ブログはココログ