2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

« TICAメンバーの姿勢、「大変心強く」思える? | トップページ | ”動物虐待”ショーこそ「世界中を震撼させた」はず »

2015年10月22日 (木)

「膿を出し切る」にはほど遠い…(1)

巨人の3選手が野球賭博に関与していた問題で、球団社長が昨日、謝罪会見を開きました。

報道によると、「野球史を汚すような選手を出したことをファン、関係者に深くお詫びしたい」と陳謝したといいます。

一方、スポーツ評論家は「当事者である野球選手が野球賭博に関わるのは論外」と糾弾し、「野球界全体の問題として膿を出し切るべき」と厳しく指摘しました。

翻って、”動物虐待”まがいのショーが行われた”TICAアジアはどうでしょう…。

本来なら、クラブオーナーが謝罪会見を開くか、謝罪コメントを発表し、「TICAの歴史を汚すようなクラブ員を出したことを愛猫家のみなさん、関係者に深くお詫びしたい」と陳謝すべきですが、オーナーも出陳者もどこ吹く風で、これまで通りショーを楽しんでいます。

愛猫団体を標榜するキャットクラブのショーにおいて、”動物虐待”まがいの行為が起こるなど「論外」であり、「言語道断」であると思うのですが、当事者や関係者にそうした意識はないようです。

TICAアジア全体の問題として「膿を出し切る」にはほど遠い状況と言わざるを得ません。

« TICAメンバーの姿勢、「大変心強く」思える? | トップページ | ”動物虐待”ショーこそ「世界中を震撼させた」はず »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「膿を出し切る」にはほど遠い…(1):

« TICAメンバーの姿勢、「大変心強く」思える? | トップページ | ”動物虐待”ショーこそ「世界中を震撼させた」はず »

無料ブログはココログ