2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« 議論のテーマに挙がった「23.6.5」(7) | トップページ | 「呆れるほかない…」とはまさにこの事? »

2015年9月16日 (水)

被告側、「謝罪する」と明言!!

不当な「出陳拒否」を巡る東京地裁での裁判で、被告側が「謝罪する」と明言したそうです。

8月10日の第8回期日では、被告側代表が「個人としては和解してもいいと思っている」との意志を示した一方で、”周辺の関係者”なる人物が「反対している」と言って、謝罪に難色を示していました。

それが9月3日の第9回期日では一転して「謝罪」を受け入れたということです。

それにしても、どうして「謝罪」を決断するまでにこれだけの時間がかかるのでしょうか?

おそらく常識あるTICAアジアメンバーは、今回の「出陳拒否」がTICAのルールに基づいたものではなく、無謀な”暴挙”であったことを分かっていたはずです。

にもかかわらず、1年半以上にわたり「謝罪」を拒み続けたのです。

しかも、被告側代表はTICAのジャッジであり、ディレクターであるわけですから、TICAの看板に泥を塗った責任は極めて重いと言わざるを得ません。

おそらくTICAの長い歴史の中で、そして世界中を見渡しても、TICAのジャッジあるいはディレクターがこうした裁判を起こされて「謝罪する」などいうことは初めてではないでしょうか…。

私にしてみれば、これこそ”日本の恥”を世界に晒す不祥事に思えますが、果たして被告側にそうした反省があるでしょうか…。

これで裁判は「和解」に向けて一挙に動き出す…と期待したのですが、なんと予想外の新たな事態が起きたそうです。

TICAのジャッジとして、そしてTICAのディレクターとして、どうしてそんな言動が取れるのか--。

私には到底、理解出来ませんでした。

« 議論のテーマに挙がった「23.6.5」(7) | トップページ | 「呆れるほかない…」とはまさにこの事? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被告側、「謝罪する」と明言!!:

« 議論のテーマに挙がった「23.6.5」(7) | トップページ | 「呆れるほかない…」とはまさにこの事? »

無料ブログはココログ