2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

リンク

« ”TOP 15 Finals”をどう考えるか?(1) | トップページ | ”TOP 15 Finals”をどう考えるか?(3) »

2015年8月14日 (金)

”TOP 15 Finals”をどう考えるか?(2)

昨日の続きです。残る2つの案を見てみましょう。

④案:”TOP 10”の場合のボーナスポイントは従来通りにして、”TOP 15”の場合だけ順位に応じたボーナスポイントを50ポイントずつ引き上げるというものです。

ただ、そうなると、ただでさえキャットカウントの大きいショーでの成績が有利なのに、さらにボーナスポイントまで引き上げられると、ますますその傾向が強くなる心配があります。

さらに、新たな問題が出てくるのではないかと懸念する意見もあります。

例えば、エントリー数が70頭前後であったなら、あと5頭増えれば順位に応じたボーナスポイントも増えるわけですから、キャットカウントの”嵩上げ”や”水増し”を促しかねない恐れがあるというものです。

⑤案:”TOP 15”を導入するに当たって、TOP 10までの得点体系は変えず、11th~15thベストに対し、ABリングで100~60点、SPリングで50~10点のボーナスポイントを配分するというものです。

現在の仕組みを変えることなく、最も簡素で導入しやすいと言えますが、SPリングでの15thベストのボーナスポイントがたった10点ということになります。

さて、みなさんはどの案が一番、ふさわしいと考えるでしょうか?

« ”TOP 15 Finals”をどう考えるか?(1) | トップページ | ”TOP 15 Finals”をどう考えるか?(3) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ”TOP 15 Finals”をどう考えるか?(2):

« ”TOP 15 Finals”をどう考えるか?(1) | トップページ | ”TOP 15 Finals”をどう考えるか?(3) »

無料ブログはココログ