2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« 猫界ではなぜ許されない?(1) | トップページ | 猫界ではなぜ許されない?(3) »

2015年7月28日 (火)

猫界ではなぜ許されない?(2)

私がもし、TICAについて「無能力・無責任で、これが失敗の最大の原因である」と書いたらどうなることになるでしょう?

「誹謗中傷を書いた」とか「バッシングした」とか「ショールール23.6.5にある『協会の権益、猫の幸福、もしくはクラブやショー自体の繁栄を妨害する』行為だ」と再び騒ぎ立てるのでしょうか?

冒頭の文章は舛添都知事が自身のブログで書いたものです。新国立競技場建設問題に絡み、「文科省は、無能力・無責任で、これが失敗の最大の原因である」と書きました。(※全文は
http://ameblo.jp/shintomasuzoe/entry-12052495115.html

都知事はさらにこう続けます。「JSCも文科省からの出向者で固めており、文科省に抵抗できない。文科省・JSCに仕事をさせれば、また失敗する」--。

それだけではありません。舛添知事は23日の講演でこの問題を巡り、「きちんと役人に責任を取らせるべきだ」「組織の長が信賞必罰為をしなければ、その組織は腐りきっていく」「それが出来ないなら長はは辞任して下さい」と言い切りました。

民主主義国家にあってはこうした「批判」は許されているどころか、こうした「批判」が出来るからこそ、「悪」や「不正」「失策」が白日の下に晒され、正されていくのではないでしょうか?

もし、「批判」が許されず、正当な根拠ある「批判」であっても、それが処分や処罰の対象であるなら、猫界は民主主義的な組織でないことを意味します。

「批判」が許されない、「批判」すると罰せられる風潮がある限り、その組織が健全に発展することはあり得ません。

« 猫界ではなぜ許されない?(1) | トップページ | 猫界ではなぜ許されない?(3) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫界ではなぜ許されない?(2):

« 猫界ではなぜ許されない?(1) | トップページ | 猫界ではなぜ許されない?(3) »

無料ブログはココログ