2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« 「他山の石」とすべき東芝事件(1) | トップページ | 「他山の石」とすべき東芝事件(3) »

2015年7月23日 (木)

「他山の石」とすべき東芝事件(2)

東芝の不適切会計事件でもうひとつの大きな問題点は「監査法人が機能していたかどうか」でした。

それは「何のために『監査法人』がいるのか?」と言い換えてもいいかもしれません。

TICAアジアの問題について考えるなら、「TICA本部(あるいはTICAのボード)は機能しているか?」「何のために『TICAボード』はあるのか?」という疑問と全く同じです。

東芝事件で第三者委員会はこの問題にも触れ、会社側が「監査法人などに対して正しく説明していなかった」点を指摘しました。

TICAアジアも同様ではないでしょうか?

「プロテスト」を申し立てても、”被告側”あるいは”被告側関係者”の誰ひとりとして、TICAのボードに「正しく説明しない」のです。

東芝事件では「不適切会計は外部から発見されにくい巧妙な手法でなされていた」とも指摘されています。

TICAアジアで起こる度重なる数々のルール違反も、遠くにあるTICA本部からは「発見されにくい巧妙な手法でなされていた」と映っても仕方ないかもしれません。

極めて残念なことですが、TICA及びTICAアジアを監査する組織がなく、重大な問題が起こっても第三者委員会が調査することのないTICAアジアにあっては、その役目を「裁判所」に担ってもらうしか方法はないのです。

« 「他山の石」とすべき東芝事件(1) | トップページ | 「他山の石」とすべき東芝事件(3) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「他山の石」とすべき東芝事件(2):

« 「他山の石」とすべき東芝事件(1) | トップページ | 「他山の石」とすべき東芝事件(3) »

無料ブログはココログ