2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

« 日本では常態化している”ルール違反” | トップページ | 「私の息子はサルだった」--。 »

2015年6月14日 (日)

「ショー」のためだけではないはず…

「ショー」のためだけのTICAではないはずですが、残念なことに日本ではほぼ間違いなく「ショー」のためだけのTICAと言えるのではないでしょうか…。

もし、「そんなことはない!」「何をバカな事を言っているのか!」と怒るメンバーがいるようでしたら、先のSpring Board Meetingでも話題に上った「TICA’s Therapy Cat Program」について考えてみてはいかがでしょうか?

これは「アニマルセラピー」の一環として、猫を使ったセラピー手法を指します。

猫と触れ合ってもらうことで、ストレス軽減や自信回復、精神的な健康の増進につなげることを目的としています。

老人ホームや病院、ホスピスなどに猫と一緒に出向き、触れ合って貰うことで、少しでもこうした施設の方々の癒やしにつなげる活動と言えます。

提案によると、新たに3つの「タイトル」を創設し、インセンティブにつなげようということでした。

「TC」 – Therapy Cat is awarded after the team has completed 100 approved visits.

「TCX」 – Therapy Cat Excellence is awarded after the team has completed 200 approved visits.

「TCD」– Therapy Cat of Distinction is awarded after the team has completed 300 approved visits.

残念ながら、この提案は一応、ボードで議論されたものの、さらに中身を詰める必要があるということでルールコミッティーで検証することになりました。

「ショー」のためだけのTICAアジアではない証しとして、日本でも取り組んでみてはどうでしょうか?

« 日本では常態化している”ルール違反” | トップページ | 「私の息子はサルだった」--。 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ショー」のためだけではないはず…:

« 日本では常態化している”ルール違反” | トップページ | 「私の息子はサルだった」--。 »

無料ブログはココログ