2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« ご理解とご協力のお願いについて | トップページ | わずか「0.2%」がもたらした結果責任 »

2015年6月28日 (日)

全く驚かない自分に驚き!

朝日、毎日、東京新聞をお読みなら、昨日の朝刊1面トップで大きく取り上げていましたからお分かりかと思います。

テレビ各局も大きく取り上げ、ネットでも大騒ぎになっています。

しかし、私は全く驚くことなく、冷静に受け止めました(そうした受け止め方の是非は別にして…)。

なぜなら、アクト及び私自身が同じ非難と批判にさらされているからです。

「アクトは潰さないとならない」「屋和田は潰さないとならない」との大合唱は今なお続いています。

ある議員から出たという「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番だ」の発言も、「アクトを懲らしめるには出陳者がいなくなるのが一番だ」とか「アクトを懲らしめるには出陳拒否するのが一番だ」というように読み換えれば理解頂けると思います。

猫界と政治の世界で敢えて違いを見い出すなら、自民党勉強会で発言した作家が「冗談としていった」と釈明したのに対し、猫界の人たちは本気でそう思っているということでしょう。

※その後、この作家は「その時は冗談口調だったが、今はもう本気で潰れた方がいいと思う」と話したとの報道がありました。

« ご理解とご協力のお願いについて | トップページ | わずか「0.2%」がもたらした結果責任 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全く驚かない自分に驚き!:

« ご理解とご協力のお願いについて | トップページ | わずか「0.2%」がもたらした結果責任 »

無料ブログはココログ