2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

« 「ショー」のためだけではないはず… | トップページ | 歴史に残るTICAの”Award Ranking”2014-2015 »

2015年6月15日 (月)

「私の息子はサルだった」--。

この本のタイトルを聞いて、「もう読んだわ!」という人がいたら、かなりの”通”かもしれません。

そして、必ずや本当の猫愛好家であることでしょう。

これは生前の未発表作で、先月22日に出版されたものですが、作者は佐野洋子さんです。

そう、永遠の名作として語り継がれる絵本、「100万回生きたねこ」の作者でもあります。

TICAアジアの全メンバーがこの絵本を読み、感動し、涙したことがあれば、”動物虐待”まがいの行為がTICAのショーで行われるようなことは決してなかったと思うのです。

« 「ショー」のためだけではないはず… | トップページ | 歴史に残るTICAの”Award Ranking”2014-2015 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「私の息子はサルだった」--。:

« 「ショー」のためだけではないはず… | トップページ | 歴史に残るTICAの”Award Ranking”2014-2015 »

無料ブログはココログ