2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

« 陽の目を見た「National Award」 | トップページ | 「ショー」のためだけではないはず… »

2015年6月13日 (土)

日本では常態化している”ルール違反”

日本では当たり前に行われている事について、ボードではどうするかが大真面目に議論されている--。

さて、何のことか? みなさんはお分かりでしょうか?

いわゆる「差し込み」のエントリーについてです。

日本のTICAメンバーの何人が知っているか分かりませんが、「差し込み」などという規定はTICAのルールにはありません。

エントリーの締め切りについてはShow Rule 23.6.7で定められている通りですが、日本ではルール違反が日常的に行われているのです。

先のSpring Board Meetingではディレクターのひとりが「審査が始まる前までにカタログの追加のページ(いわゆる「差し込み」)を配ることによって、締切後でもエントリーを受け付けられるようにしてはどうか」という動議を出しました。(※”additional pages of the catalog have to be delivered to the exhibitors before the beginning of the judgments”)

ボードで票決されるためにはもうひとり別のディレクターの支持が必要でしたが、それを得られず、動議の提出自体が認められませんでした。結局、ルールコミッティーでさらに議論することになったのです。

日本では常態化している「差し込み」という名の”ルール違反”--。

さすがに、アジアディレクターも「日本ではどこのクラブも昔からやっていますけど…」とは言えなかったようです。

« 陽の目を見た「National Award」 | トップページ | 「ショー」のためだけではないはず… »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本では常態化している”ルール違反”:

« 陽の目を見た「National Award」 | トップページ | 「ショー」のためだけではないはず… »

無料ブログはココログ